1.Material(素材・部品)
高い品質の製品を実現するうえで調達部品の品質保証は重要な要素です。
三共製作所は三現主義(現場・現物・現実)とういう考え方に基づき、お取引先(部品調達先)の製造現場を訪ねて品質を監査する活動を実施しています。その監査活動は、生産準備段階と量産段階それぞれで実施しています。部品ごとに開発や生産にかかわる購買・品質担当者が製造現場を訪問し、お取引先の品質システム及びその実施状況について監査を実施しています。また、その結果をお取引先と共有し、ともに協力し改善策を見出していくなど、お取引先とのコミュニケーションを重視した活動により製品品質の向上に取り組んでいます。
供給者から最終消費者までの業界の流れ(すべての工程)を統合的に見直し、プロセス全体の効率化と最適化を実現するための経営管理手法を取り入れ、開発、設計、調達、製造、発送、販売といった各プロセスでの在庫量や滞留時間などを削減することで、顧客(お客様)には最短かつタイムリーに製品を供給し、また、業界全体としてはリードタイムの縮小、設備の稼働率向上などによるコスト削減、経営の効率化を目指しています。
鋼材業者への現地品質監査の実施
鋳造業者への品質監査の実施

このページの先頭へ

Copyright(C) 1998 - Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.