3.Machine(機械・治具)
製造品質向上の取り組み(加工、組立エリア)
製造部門は設計者の意図を踏まえて部品、製品の品質不具合を未然に防止するために、部品、工程・作業ごとに守るべき製造管理項目・基準を作成し、その製造管理項目・基準に基づき製造におけるばらつきを確認し、不具合を防止する活動を実施しています。さらに、実際の作業をになう現場からの改善策を取り入れ、各工程での製造管理方法を決定し、ばらつきを抑え込む工程づくりを行っています。
不適合が発生しないしくみづくり 不適合ゼロ活動
生産準備・量産準備段階による工程審査

製造工程審査

温度管理された加工エリア
3DCAMによる複雑形状加工の高精度化とNCプログラム作業の効率化、機械稼働率の向上
3DCADから入力された形状データを加工用NCデータに作成、3DCAM導入によりNCプログラミングの作業の効率化、マシンシミュレーションによる試作時間の短縮、機械衝突の回避等、機械稼働率の向上に貢献しています。

このページの先頭へ

Copyright(C) 1998 - Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.