会社沿革
年次 三共製作所のあゆみ
1938年
(昭和13年)
小川良平が、東京都北区田端3-128に航空機械翼、キャタピラー部品の製造を目的に、前身の小川製作所を創業。
1951年
(昭和26年)
社名を有限会社三共製作所に改称。
自動車部品、家庭用電気部品の製造を開始。
1964年
(昭和39年)
組織変更して、株式会社三共製作所を設立。
1970年
(昭和45年)
シュリンクトンネル包装機械の開発(写真1)。(特許 第121463号。三共製作所として初めての特許出願)
ローラギヤカム機構の間欠割出装置の研究に着手。(間欠割出装置に関する基本的な特許を出願)
1973年
(昭和48年)
日本初のローラギアカム式インデキシングドライブの開発に成功。(自社製造したカム加工機に関する特許を出願)出力がシャフトタイプのベースモデル、Dシリーズ(写真2)の販売を開始。
1980年
(昭和55年)
アンプル異物検査機AIMの製造を開始(写真3)。(開発した揺動同期装置に関する特許を出願)
当社のインデックス装置が大手高速実装器メーカーの駆動装置に採用。
プレス用材料送り装置バリアックスM1の開発(写真4)。(特許 第1376660号)

1981年
(昭和56年)
静岡県菊川町(現 菊川市)に静岡工場を新設。(敷地54,000m2
1982年
(昭和57年)
世界最小のピック&プレースユニットFSを開発・発売。
世界最速のプレス用材料送り装置VariaxV60AとV70Mを開発。
 
1984年
(昭和59年)
世界最小の超小型インデキシングドライブ2.8Dを発売。  
1985年
(昭和60年)
静岡工場増設。世界最大のカム専用工場となる。
1987年
(昭和62年)
小川良平代表取締役会長就任。
小川廣海代表取締役社長就任(写真5)。
SANKYO AMERICA INC.をオハイオ州に設立(写真6)。

1989年
(平成元年)
静岡第二工場の新設。第一工場との連絡橋(仲良い橋)の完成。
1992年
(平成4年)
静岡第二工場の増設。
静岡第二工場増築棟が第24回中部建築賞入選。
1993年
(平成5年)
静岡工場が第12回日本緑化センター会長賞受賞。
1994年
(平成6年)
静岡第二工場が第6回県都市景観賞優秀賞受賞。
宮城県栗原郡志波姫町(現 栗原市)に宮城工場竣工(写真7)。
1996年
(平成8年)
静岡第三工場の増設。
2002年
(平成14年)
杭州三共机械有限公司 工場完成。
2004年
(平成16年)
静岡工場が緑化優良工場等経済産業大臣賞を受賞。
2005年
(平成17年)
ローラドライブRAシリーズ完成(写真8)。
2006年
(平成18年)
ローラドライブRAシリーズがグッドデザイン賞を受賞(写真8)。
三共机械銷售(上海)有限公司設立(写真9)。
2007年
(平成19年)
ローラドライブ式CNC円テーブルRCシリーズの完成。
2012年
(平成24年)
高速・ロングストローク直動ユニットを開発。(特許第4700944号) 
2013年
(平成25年)
杭州三共机械有限公司 江東新工場完成。
韓国、台湾に営業・サービス拠点を設置。(韓国支店、台湾支店)
2014年
(平成26年)
タイに営業・サービス拠点を設置。

このページの先頭へ

Copyright(C) 1998 - Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.