バリアックス

プレス用高性能サーボフィーダ OPUS1 シリーズ

概要
特長
機種使用例
仕様
ダウンロード
関連製品

概要

究極のサーボフィーダ
Variax OPUS1シリーズはハイブリット車やPHEV車、EV車用のモータコア製造 ラインに最適なプレス用高性能サーボフィーダです。高性能サーボモータとロールを一体構造にすることで、世界トップクラスの性能を実現しました。
駆動用サーボモータは独自カム曲線で動作させ、上下ロール駆動とリリース機構部にもサーボモータとカム曲線を採用し、薄板や軟材への対応を可能にしました。また、OPUSシリーズの制御には、モニター機能、診断機能と大型モニターを搭載、通信機能により離れた場所から状況確認が可能となり、操作性にも配慮しました。
OPUS1 シリーズ機種(4機種)
| OPUS1-200 | OPUS1-300 | OPUS1-450 | OPUS1-650 |

特長

・高速・高精度・多機能を追求したハイエンドモデル
・通信機能により離れた場所から状況確認が可能
・優れた操作性、セキュリティシステム
・多様な表示機能
・言語、規格、サービスのグローバル対応
・幅広材、薄材、軟材を送ることが可能
自動車向けモータコア製造プレスラインに適した性能
IoTに適応した予防保全、診断機能を搭載
優れた操作性、セキュリティシステム
抜群の品質と信頼性
安全機能
多様な表示機能
幅広材、薄材、軟材を送ることが可能
言語、規格、サービスのグローバル対応
プレスへの取り付けが容易
ロールのクリーニング性を大幅に改善

制御構成図

アプリケーション

自動車向けモータコアライン(OPUS1×2、EVR1)
制御構成図(OPUS1×2、EVR1)

仕様

OPUS1シリーズ一般仕様
型式 単位 OPUS1-200 OPUS1-300 OPUS1-450 OPUS1-650
送り長さ mm 1~200(999) 1~300(999) 1~450(999) 1~650(999)
材料厚 mm max 2
グリップ力 N min 1,500 ~ max 3,000 min 1,500 ~ max 5,000
パイロットリリース量 mm 0.1
ロールオープン量 mm max 2.5 max 3
材料幅 mm max 200 max 300 max 450 max 650
最大ストローク数 min-1 1,000 500
パイロットリリース
最小角度
deg 90 50
最大送り速度 m/min 標準モータ空気冷却:~70,
標準モータ水冷却:70以上,
ハイパワーモータ水冷却:80以上
標準モータ空気冷却:~100,
標準モータ水冷却:100以上,
ハイパワーモータ水冷却:120以上
繰返し精度 mm ±0.03
使用空気量 ℓ/min 200
使用空気圧 MPa 0.5~0.6
塗装色   N1.5(ブラック)
本体質量 kg 220 240 415 480
※1 送り能力線図を別途確認してください。
※2 モータ水冷却仕様の場合、冷却装置(チラー)やホースの準備が必要です。
ホースはホース内径Φ9mmのものをご準備ください。
お客様にて冷却装置(チラー)をご準備いただく場合、下記能力の冷却装置(チラー)を選定してください。
・冷却能力: 標準モータ 1.5kW 以上,ハイパワーモータ 4.2kW 以上
・使用最低循環量 :7.0L/min
・設定温度 :35℃以下
・チラー及び配管は銅レス仕様を選定してください。

PDF・CADデータのダウンロード

製品カタログ
外形寸法図
2D-CADデータ
3D-CADデータ

三共製作所の関連製品

top