カムが提供する動き

ローラドライブやインデキシングドライブの回転させる動きをご紹介

高速任意割出

高速任意割出
高速任意割出
効果 高速、精密位置決め
機種 ローラドライブ
説明 ゼロバックラッシ(ガタつきが無い)機構であるローラドライブをサーボモータで駆動することにより、高速での精密位置決めが可能。動的特性にも優れ、動作中の挙動の乱れが生じない。短時間での整定が可能。

アームの揺動、旋回

アームの揺動、旋回
アームの揺動、旋回
効果 精密動作、整定性の向上
機種 ローラドライブ
説明 ゼロバックラッシ(ガタつきが無い)機構であるローラドライブをロボットアーム等の駆動に用いることで、精密な動作が可能。ガタつきが無いため、正逆転の繰返し動作や重力等の荷重方向の変化に対して、挙動が乱れる事無く安定した動作が可能。

大型基板の旋回

大型基板の旋回
大型基板の旋回
効果 整定性の向上、構成の簡略化
機種 ローラドライブ
説明 ゼロバックラッシ(ガタつきが無い)機構であるローラドライブを用いることで、大型ワークの旋回においても動作中の挙動の乱れが生じないため、短時間での精密位置決めが可能。スラスト負荷能力が高いため、直接治具を取付られ、装置を簡単に構成できる。

溶接部材の供給・排出

溶接部材の供給・排出
溶接部材の供給・排出
効果 構成の簡略化と高速運転
機種 インデキシングドライブ
説明 汎用モータのON/OFFだけの簡単制御で、重く、大きな慣性体を素早く位置決めすることが可能。クランプ用の油圧機器等を設ける必要が無く、構成の簡略化と位置決め時間の短縮が図れる。駆動部1体型のαシリーズでの構成が容易。

テーブルとP&Pの同期運転

テーブルとP&Pの同期運転
テーブルとP&Pの同期運転
効果 機械的な同期運転により、高速で確実な動作が可能
機種 インデキシングドライブ
オシレートハンドラ
説明 インデキシングドライブによりテーブルの間欠割出しを行う。部品を供給するオシレートハンドラは、インデキシングドライブの入力軸と機械的に連結し同期運転を行う。全ての動作が機械的に保証されるため安定した動作と、高速運転が可能。

2.5STOPインデックステーブル

2.5STOPインデックステーブル
2.5STOPインデックステーブル
効果 作業ステーションを確保しつつ、搬入部と排出部の位置を離す事が可能
機種 インデキシングドライブ
オシレートハンドラ
説明 2.5STOP(特注)インデキシングドライブにより144°ごとのテーブルの割出しを行う事で、作業ステーションを、搬入→作業4→作業2→排出→作業3の順にレイアウトする事が出来る。これにより、搬入と排出の位置を離して配置する事が可能。

単一駆動軸からの同期運転

単一駆動軸からの同期運転
単一駆動軸からの同期運転
効果 構成の簡略化と高速運転
機種 インデキシングドライブ
説明 複数台のインデキシングドライブ等の装置を、1本の駆動シャフトから機械的に動力を得て駆動させる。機械的に同期が取れるため、各々の動作完了を確認するセンサ等による検知が不要となり、構成が簡略化されると共に高速化が図れる。

ワークの反転

ワークの反転
ワークの反転
効果 コンベアでの搬送途中でワークの反転が可能
機種 インデキシングドライブ
説明 インデキシングドライブの出力軸に取付けられた2枚のテーブル間にコンベアを配置し、コンベアから流れてきたワークがテーブルの切り欠き部に挿入された際に、テーブルを旋回させ、ワークを反転させる。搬送途中でワークを反転させることが可能。

大型治具の旋回

大型治具の旋回
大型治具の旋回
効果 数種のワークへの対応が可能
機種 インデキシングドライブ
説明 インデキシングドライブの割出し動作により、ギヤを介して多角形の治具を旋回させる。各面を異なる治具とする事で、数種のワークに対応することも可能となる。

巻き線

巻き線
巻き線
効果 高速で均一な巻き線が可能
機種 オシレーティングドライブ
説明 オシレーティングドライブにより線材を供給するノズルを揺動させ、回転する心棒に巻き線を行う。安定した揺動動作が可能で、均一な巻き線を行う事が可能。

ガラスの端面研磨

ガラスの端面研磨
ガラスの端面研磨
効果 作業負荷に影響されない精密位置決めが可能
機種 ローラドライブ
説明 ガラスの端面を研磨するための割出動作を行う。ゼロバックラッシ(ガタつきが無い)特性により、加工による作業負荷に対しても精度維持が可能。入出力軸は直交軸レイアウトのため薄型でコンパクトに装置を構成可能。

回転積層

回転積層
回転積層
効果 任意角度の精密な回転積層が可能
機種 ローラドライブ
説明 任意割出が可能なローラドライブにより、モータコア等の回転積層を行う。対象ワークに応じて、転積角度を設定可能。

センターコラム型インデキシングドライブ

センターコラム型インデキシングドライブ
センターコラム型インデキシングドライブ
効果 シンプルにベースマシンを構成可能
機種 インデキシングドライブ
オシレートハンドラ
パーツハンドラ
説明 DAシリーズの出力軸の同軸上に設けられた間欠回転軸・固定軸・連続回転軸により、ロータリ型ベースマシンを構成。一つの入力軸により駆動されるため、高い同期精度が得られる。上部には、連続回転軸により同期駆動されるパーツハンドラを搭載。

作業機器の中央配置

作業機器の中央配置
作業機器の中央配置
効果 回転テーブルと作業機器を省スペースで設置可能
機種 インデキシングドライブ
パーツハンドラ
説明 ゼロバックラッシ(ガタつきが無い)機構であるローラドライブをロボットアーム等の駆動に用いることで、精密な動作が可能。ガタつきが無いため、正逆転の繰返し動作や重力等の荷重方向の変化に対して、挙動が乱れる事無く安定した動作が可能。

中空軸を利用した作業機器の設置

中空軸を利用した作業機器の設置
中空軸を利用した作業機器の設置
効果 作業機器の設置スペースの確保
機種 インデキシングドライブ
説明 中空形状の出力軸の内側を利用して、支柱を設置することで装置上部に作業機器の設置スペースを設けることが可能。

ターンブローチの駆動

ターンブローチの駆動
ターンブローチの駆動
効果 コンパクトで高トルク連続回転が可能
機種 ローラドライブ
説明 ローラドライブの連続回転により、ブローチ刃の回転を行う。入出力軸は直交軸レイアウトのため薄型でコンパクトに構成可能。

このページの先頭へ

Copyright(C) 1998 - Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.